育毛対策のポイント

血流を改善する

女性の薄毛の原因は、毛根にある毛母細胞の活動が劣化する事にあります。毛髪の成長には血流を改善する事が重要です。血液によって送られる栄養素が毛乳頭に届くことで、毛乳頭細胞が成長因子(FGF)を生成します。成長因子によって毛母細胞の分裂活動は活性化し、髪の毛は成長します。

ホルモンバランスを整える

40代以降に減少するのが女性ホルモン。女性ホルモンは細胞、コラーゲン、血管などに影響を与えます。適度な運動で血流を良くすることで卵巣は活性化します。また、大豆に含まれるイソフラボン、キャベツに含まれるボロン、プエラリアのサプリなどを積極的に摂る事も女性ホルモン対策に有効です。

頭皮を健やかに保つ

女性の頭皮は男性よりも乾燥しやすい傾向があります。乾燥するとフケ、痒みが発生しやすくなります。フケ、痒みにより細菌が繁殖すると、頭皮は炎症を起こし、毛穴が詰まって髪がぬけやすくなります。保湿、殺菌、抗炎症作用のある育毛剤で頭皮を健やかに保つ事が重要です。

女性に人気の育毛剤ランキング ベスト5

順位 商品名 金額 商品詳細
マイナチュレ
4,093円~
120ml
90日間返金保証
ミツイシコンブ配合の無添加育毛剤
血行促進、抗炎症作用のある3つの有効成分、17種類の植物エキス、頭皮を保湿するミツイシコンブで育毛を促進
口コミへ
リリィジュ
3,066円
65ml
14日間返金保証
桐葉エキスと桑白皮エキスで毛根活性
桐葉と桑白皮のエキスを配合。頭皮をしっかり保湿しながら毛根の細胞を活性化して育毛を促進。
口コミへ
花蘭咲
5,184円
120ml
45日間返金保証
宮崎産の貴重なエビネエキスを使用
エビネエキスで頭皮の血流を促進して毛母細胞を活性化。さらに皮脂に繁殖する細菌を抑制して抜け毛を防止します。
口コミへ
長春毛精
540円
15ml
12種類の和漢エキスで育毛を促進
バイオテックと長春中医学院が共同開発。和漢エキスをナノ化することで毛根に刺激を与えて育毛促進!
口コミへ
ハリモア
3,800円?
120ml
30日間返金保証
28種類の有用成分配合
血流量を改善するセンブリ、ニンジンをはじめ、細胞を活性化するタケノコの芽、紫根など有用成分をたっぷり配合。
口コミへ
有用成分たっぷりの無添加育毛剤のマイナチュレ!

マイナチュレには3種類の有用成分をはじめ、合計30種類もの有用成分を配合。有用成分のセンブリエキスなどが、血流を改善することで栄養分を毛根に補給し、毛母細胞の活性化。 さらに、海藻エキスやアミノ酸が毛乳頭細胞を活性化し、毛髪の成をサポートします。
その他にも、頭皮を保湿するヒキオコシエキス、炎症を抑制するビワ葉エキス、抗酸化作用のあるローズマリーエキスなどを配合。豊富な植物エキスが頭皮の炎症や毛穴の詰まりを抑制し、抜け毛を予防します。また、マイナチュレは香料、パラベン、石油系合成界面活性剤などのダメージ成分も無添加だから、毎日の頭皮ケアも安心です。

女性用育毛剤選びの特集ページ

30代育毛剤
30代女性におすすめの育毛剤について。ストレスが増えてくる時期に最適な育毛剤を紹介。 詳しくはコチラ
40代育毛剤
40代女性におすすめの育毛剤について。代謝、血行が悪くなり髪の毛の成長力が低下してきます。 詳しくはコチラ

50代育毛剤
50代女性におすすめの育毛剤。代謝だけでなくホルモンバランスなども崩れてくる時期の育毛剤。 詳しくはコチラ
売れ筋比較
売れ筋の女性用育毛剤を比較。成分、効果、特徴などを比較して紹介します。 詳しくはコチラ

女性の薄毛対策で注目の成長因子

女性の薄毛対策で今、注目されているのが成長因子です。成長因子とは細胞活性化作用をはじめ、血管新生、毛包の再生サポートなどの働きがあります。



薄毛治療を行う美容外科などでは、育毛メソセラピー、HARG療法と呼ばれる治療法で使われています。メソセラピー治療では成長因子を配合した育毛カクテルを頭皮に注入します。注射を使用したり、電気パルス、ダーマローラーなどを使い、毛根へとしっかり届けます。ただ、育毛メソセラピーの費用は1回で数万円かかります。さらに、3回から6回程度の治療が必要になり、かなり高額です。

最近では育毛剤にも成長因子を配合するタイプが出てきました。育毛剤DeeperやWアプローチヘアプログラムなどがあります。育毛剤にはKGFやIGFと呼ばれる毛母細胞を活性化する成長因子をはじめ、コラーゲン合成などをサポートする成長因子を含んだ馬プラセンタ、プロテオグリカンなどがあります。これらの成長因子を含んだ育毛剤を使用することで、毛根の活性化にダイレクトにアプローチが可能です。

女性の薄毛の種類と対策

女性の薄毛の症状には様々です。ここでは代表的な薄毛の症状、原因、対策について紹介します。



●びまん性脱毛症
女性の薄毛で最も多いタイプです。頭頂部から全体的に頭皮が透けている状態です。びまん性脱毛症の原因は加齢、ストレスなどがあります。加齢によるホルモンバランスの乱れ、代謝の低下、ストレスによる血行不良により、毛母細胞の働きは低下します。

ホルモンバランスの改善にはイソフラボン、プエラリアミリフィカをはじめ、プラセンタなどがおすすめです。血流改善にはセンブリなどの生薬配合の育毛剤、ミノキシジル配合のリアップなどがあります。食事でも食物繊維、DHA、EPA、納豆などの血流改善作用のある食事を摂る事をおすすめします。

●産後脱毛
産後脱毛はホルモンバランスの変化によって起こる脱毛症です。妊娠中は女性ホルモンが増えることから、髪の毛の成長期は長くなります。出産後は成長期から休止期に移行する髪の毛が増え、一時的に抜け毛が増えた状態になります。産後の脱毛症は多くの女性が経験しますが、半年も経てば髪の毛は元に戻ります。

●円形脱毛
円形脱毛は10代、20代に多い脱毛症です。コイン状に頭皮が見える程、髪の毛が抜け落ちます。これはストレスなどによる自己免疫疾患が原因です。細胞分裂を繰り返す毛母細胞を攻撃してしまいます。円形脱毛症の治療はステロイドなどの塗り薬をつかい、免疫を抑える治療が一般的です。また、円形脱毛は一定の期間がすぎればおさまります。

●脂漏性、粃糠性皮膚炎
脂漏症皮膚炎や粃糠性皮膚炎はフケやカユミを伴った頭皮の乱れです。どちらも代謝異常が起こっている状態で、角質がフケとなって落ちてしまいます。頭皮が荒れると毛穴が詰まりやすくなります。さらに、皮脂が酸化する事で、髪の毛の成長力も低下しやすくなります。皮膚炎の改善には刺激の少ないアミノ酸シャンプーを使用し、皮脂を摂り過ぎないことが重要です。フケがひどい場合は殺菌作用のあるシャンプーもおすすめです。その他、ビタミンB2、B6の栄養素もおすすめです。皮脂の分泌抑制作用があり、フケやカユミを抑制します。

●甲状腺
甲状腺機能低下症も薄毛の原因となります。甲状腺ホルモンが減少すると、全身の代謝は低下します。その結果、抜け毛も増加してしまいます。甲状腺機能低下症の治療はホルモン補充の薬を処方してもらいます。甲状腺機能が改善すると、代謝も改善し、休止期にある髪の毛が成長期に移行し、毛髪は成長しやすくなります。

女性育毛剤ランキング 新着情報

女性育毛剤ランキングについて
育毛剤と言えば男性のイメージでしたが、ここ数年で女性育毛剤の種類もかなり増えてきました。加齢による女性の薄毛は前から有りましたが、女性の社会進出によるストレスの増加、食生活の乱れなどで、さらに薄毛の悩みが増えてきています。男性と違い、女性の薄毛は頭頂部が全体的に薄くなるびまん症脱毛です。加齢、ストレス、食生活、女性ホルモンなどが原因で毛母細胞の働きが弱くなることで薄毛、抜け毛が発生してきます。ネットショップで人気の女性育毛剤は血行促進、細胞活性化、頭皮の保湿、炎症抑制の働きがあります。髪の毛の成長にはタンパク質などの栄養をしっかり摂る事が重要です。育毛剤を使用することで血流を改善し、栄養をしっかりと毛母細胞に届けることで髪の毛は成長します。売れている女性育毛剤にはエビネエキスを使った花蘭咲、無添加にこだわったマイナチュレ、海藻エキスを豊富に配合しているラサーナなどがあります。女性育毛剤ランキグでは育毛剤の効果、特徴、体験談などを紹介します。

今月の売れ筋ランキング

マイナチュレ

詳細はコチラ
リリイジュ

詳細はコチラ
花蘭咲

詳細はコチラ